“How are you doing?”への返し方は?ネイティブの挨拶をご紹介!

“How are you?”
“I’m fine, thank you. And you?”

このテンプレが頭に染み付いたまま旅行や留学で英語圏にやって来て、「挨拶が全然違うじゃん!!」と衝撃を受けた方も多いかと思います。

会話はできなくてもせめて挨拶で好印象を・・・と意気込んだところでつまずくと、思わぬトラウマになりますよね。

“How are you” だと思っていたのに “How are you doing?” と聞かれて「doing」の意味を延々と考えたり。

すっかり挨拶が怖くなってなかなか話しかけ辛くなったり、ワンパターンな返事ばかりしてしまったり、私は結構長い時間慣れずに苦しみました。

そんな悩める「グリーティング迷子」のあなたに!今回はネイティヴが日常で使う挨拶のパターンや良い感じの返し方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

さて、”How are you?” の他にも出会い頭 “How are you doing?” や “What’s up?” など、違う形で挨拶されることもありますよね。

そしてこれら挨拶はいずれも疑問形だからこそ、「”元気?”とは何か違うことを聞かれてる!?」「返事は”Fine”じゃダメなの!?」と焦ってしまい、結局ぎこちない笑顔だけ浮かべてその場が終わる・・・という何とも言えない悲しさを昨日のことのように覚えています(辛かった)。

それでは、”How are you?” の他に挨拶に出てくる言い回しや、ネイティブも使う返事の仕方をご紹介していきます!

“How are you?” と “How are you doing?” は違う?

アメリカに来てすぐ、最初に私が戸惑ったのが “How are you DOING?” です。

結論から言うと “How are you doing?” も “How are you?” も同じです!

しかし “Hi Saeko! How are you doing today?” と聞かれて

Doing・・・?現在進行系?「何をしてるか」?でも “How” だから「どうやって今何をしてるか」ってこと??

このループに陥り悶々としていた時間がとても長かったように記憶しています。

英語の挨拶でよく使われるフレーズ

“How are you (doing)?” の他にも不意に声をかけられるフレーズとしては

  1. What’s up?
  2. How’s it going?
  3. How have you been?
  4. What’s going on?

などがあります。

“What’s up?”

かなり砕けた言い方で、日本語で「よっ!」といったニュアンスです。友達や気心知れた仲間に使うようにしましょう。

ドラマや歌詞でよく聞くからといって、所構わず学校の先生や仕事関係の人、あまり親しくない間柄の友人に使うのは好ましくありません。

“How’s it going?”

これは “How’s everything going?” や “How’s your life going?” などとも言いかえることが可能ですが、「~はどう?」と聞きたいときに便利です。

“Hi Saeko! How’s your new job going?(新しい仕事どう?)” といった具合です。

“How have you been?”

久しぶりに会った人に使えるフレーズです。直訳だと「今までどうしていたの?」という感じです。

カジュアルな場でも良いですし、仕事などで久々に会う相手でも使えます。久しぶりに会う相手に笑顔で “How have you been?” と話しかけてみましょう。

“What’s going on?”

直訳すると「何が起こっているの?」”What’s happening?” でも同じ意味です。

これは「(あなたの人生に)何が起こっているの?」=「最近どうしてるの?」というニュアンスで挨拶として使えます。カジュアルな言い回しです。

“How have you been?” ほど久しぶりの相手でなくても気軽に使ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

英語の挨拶で上手く返すには

“How are you?” “What’s up?” などの問いかけに必ずしも「元気です」と答える必要はありません。

以前こちらの記事でも言及しましたが、私は毎回 “Pretty good!” とテンプレの返答ばかりしていたら、クラスメイトに「サエコはいつも pretty good なんだね」と指摘されたこともありました。(笑)

お腹が空いていたり、頭が痛かったり、何だか元気が無かったりする日ももちろんありますよね。

そのときは “I’m good, but I am a little bit hungry now” など、続けて話すことで会話が自然と始まります。

しかし下手に細かく答えて「大丈夫!?」と深入りされたり、挨拶だけでパパっと通り過ぎたい場合は無難に “Fine!” や “Good!” にしておきましょう。(笑)

というわけで下記は無難な答え方やその他のバリエーションとなります。

英語の挨拶:無難な返事

  • (I’m) Good/Fine.=元気だよ。
  • (I’m) All right/OK.=まぁまぁだね。
  • Not (too) bad.=まぁまぁだね。/悪くないね。

“I’m” が括弧書きになっていますが、親しい相手への口語なら言わなくても伝わるのでOKです。

英語の挨拶:バリエーション

  • Super!(超サイコー!)
  • (I’m) Not feeling well.=あまり気分・体調が良くないんだ。
  • (I’m) Starving.=お腹ペコペコ。
  • (I) Need to get some sleep.=(寝不足なときに)ちょっと寝たいな。

 

 

実は便利なフレーズ “How are you?”

“How are you?” はド直訳してみると「あなたの状態はどうですか?」となりますが、必ずしも出会ったときの挨拶として使わなくても良いのです。

例えば友達の集まりでワイワイしていて、ちょっと疲れたな・・・と思い一人で離れたソファに座ってぼーっとしているとします。

するとお友達がやってきて “How are you?” と訪ねてくるわけです。

このときのニュアンスとしては「楽しんでる?」や「疲れてそうだね?」といった具合に相手の状態を知るためのナイスな言葉ですので、日常生活にも取り入れてみると会話の幅が広がりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

挨拶にしか使えないと思われがちなフレーズが実は使い回し可能だったり、”How are you doing?” の「doing」には大した意味が無かったり。

慣れてしまえば反射的に出る言葉やフレーズも、言葉の引き出しが少ない最初はなかなか大変ですよね。

上記に挙げた以外にも、学校・オフィス・カフェ・映画館など、たくさんの違った挨拶シチュエーションが起こり得ます。

特に初対面だと挨拶で第一印象が決まるので、TPOをわきまえた挨拶を英語でできるようになれば最高です!

スポンサーリンク