アメリカに銀行口座がない場合日本に現金振り込みは可能?使える海外送金方法を調査!

 

こんにちは!サエコです。

例え1杯のコーヒーでもクレジットカードで払うのは普通、と言えるくらい「カード大国」のアメリカですが、もちろん中には色々な事情でクレジットカード、さらには銀行口座を持たずに暮らしている方もいます。

留学生や、アメリカでソーシャルセキュリティ番号が無い方など、「日本の銀行口座」をメインに海外で活動されている場合もあるのではないでしょうか。

そうした場合に困るのが、海外送金

特に、日本の自分の口座へアメリカ(海外)からお金を送りたい場合、双方に銀行口座が無いとなかなか面倒臭そうなイメージですよね。

というわけで今回は、

  • アメリカに銀行口座が無い場合にも日本への送金は可能なのか
  • 可能な場合はどのような送金方法が考えられるか

を調べてみました!

今回は私が住むアメリカでのケースを例に書いていきますが、ヨーロッパやアジア圏など、諸外国での場合も通じる部分があるかと思います。

これから海外旅行へ行かれる方など、ぜひご参考くださいね。

 

スポンサーリンク

 

アメリカから日本に国際送金する方法

アメリカに銀行口座があれば、こちらのブログでも何度かご紹介している「TransferWise(トランスファーワイズ)」やPayPal(ペイパル)、もちろん銀行口座(米)から銀行口座(日)への振込など、様々な方法で海外送金が可能です。

では、アメリカに銀行口座が無い場合にはどのような方法が考えられるでしょうか。

 

アメリカに銀行口座が無い場合

ここからは、アメリカに銀行口座が無い場合の日本への送金方法例をご紹介したいと思います。

今回は手っ取り早くて信頼できる

  • マネーオーダー
  • ウェスタン・ユニオン

の2つをご紹介します。

Money Order(マネーオーダー)を送る

まず、一番手っ取り早いのは郵便局で発行してもらえるMoney Order(マネーオーダー)を日本に送って換金することだと思います。

マネーオーダーはいわゆる「小切手」と同じ扱いで利用することができるもので、アメリカの郵便局の窓口に行って「いくら分のマネーオーダーが欲しい」と言えば、その場で発行してくれます。

マネーオーダー発行の支払いには、現金もしくはデビットカードが利用可能で、アメリカ国内でのみ使用可能な「Domestic Money Order(ドメスティック・マネーオーダー)」と、日本を含むアメリカ以外の国で換金可能な「International Money Order(インターナショナル・マネーオーダー)」があります。

日本に送る際はもちろんインターナショナルでなければ換金できないため、注文時には気をつけましょう。

発行手数料は1枚8ドル程度です。

アメリカ国内でも、マネーオーダーは家賃の支払いや、ビザの申請費用など、様々な場面で利用可能ですよ。

Western Union(ウェスタン・ユニオン)で送金

現金を日本に送るツールとしての最大手はWestern Union(ウェスタン・ユニオン)という金融・通信事業会社が知られています。

世界200ヶ国以上・およそ27万店の代理店を構えるウェスタン・ユニオンなので、広告を見たことや名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ウェスタン・ユニオンなら、各地にある取扱店から現金を日本に送る手続きが可能です。

ウェスタン・ユニオン公式サイト(日本語)から、手続きに必要なものや、手数料などを確認することができますよ。

 

スポンサーリンク

 

日本の銀行口座に現金振込したい場合

マネーオーダーは、アメリカで発行された紙を日本へ郵送→郵便局で換金するステップが必要となります。

ということは日本でマネーオーダーを受け取り、換金し、それを所定の銀行口座に入れてくれる家族や友人など、第三者が必要となってきます。

ウェスタン・ユニオンに関しても、マネーオーダー同様、日本で現金を受け取るには代理店に直接出向く必要があります。

受け取り手が誰もいない場合、これら2つの方法は現実的ではありませんよね。

アメリカに銀行口座が無い。

日本に銀行口座はある。

アメリカから現金を何とかして日本の口座に直接振り込みたい。

この場合は一体どうすれば良いのでしょうか。

MoneyGram(マネーグラム)で送金

ウェスタン・ユニオン取扱店ではほぼ大体取り扱われているのがMoneyGram(マネーグラム)です。

マネーグラムも送金に関してはかなり大手で、世界の約200カ国に35万拠点のネットワークを有しています。

マネーグラムを利用する場合、どこの国へ、いくら、誰に送るのかといった情報と、所定の現金を持って取扱店へ行きましょう。最寄りの取扱店はこちらから検索可能です。

他にも、送り手の住所(旅行中の場合はホテル情報など)や身分証明書も必要となりますので、お忘れなく!

日本での受取人の名前はローマ字で正確に伝えましょう。

手続きをしてからは早ければ10分ほどで送金手続きを終えてくれます。

オンラインで手続きをする際、送金上限額は6,000ドル/月など決まっていますが、取扱店で交渉すればそれ以上の金額でも送れるケースがあります。

MoneyGram(マネーグラム)受け取り方法

マネーグラムで送金した後、日本のマネーグラム取扱店ではウェスタン・ユニオン同様現金での受け取りになってしまいます。

そのため、マネーグラムでアメリカから送金したら、日本でマネーグラムと提携している取次店を通じて、所定の銀行口座に振込みを委託することになります。

日本にある提携店としては、

  • SBIレミット(SBI Remit)
  • エンレミット(enRemit)

の2つが大手です。

どちらかにアカウントを開設しておけば、日本の銀行口座への振り込み手続きを請け負ってくれます。

一点注意なのは、どちらも本人証明書類の確認があるため、準備が整うまでに数日かかる場合があります。

会員登録自体はどちらも無料なので、海外からマネーグラムで送金することを決めたら、先に上記2つのどちらかに登録手続きを済ませておくことをオススメします。

後者のエンレミットは、カメラ付きPC、スマートフォンなどを使ったテレビ電話で本人確認が行えるので、私は個人的にはこちらの方が便利だと思いました。

ということでエンレミットを例にすると、会員登録後に送金の受け取り申し込みをする場合、マネーグラムで受け取った8桁のリファレンスナンバーを入力する欄があり、その下に送信者情報を入れる箇所があります。

マネーグラムで送金した際にもらった控えを見ながら、一つ一つ正確に記入しましょう。

リファレンスナンバー、送信者情報などを書き終えてから、受け取り口座の確認です。

ちなみに、現金振り込みの受け取りサービスの利用に際しエンレミットでは手数料はかかりません。

銀行振込手数料は、送金受取金額から差し引いた上で入金されるので、あらかじめ理解しておきましょう。

エンレミット公式サイト

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はアメリカに銀行口座が無い場合にも日本への送金は可能なのか、そして、可能な場合はどのような送金方法が考えられるかについてお話ししましたが、結論からすると

  • アメリカ(海外)に銀行口座がなくても日本に送金は可能
  • 日本に受取手(第三者)がいる場合はマネーオーダーやウェスタン・ユニオンが便利
  • 受取手がおらず自分名義の口座に振り込むには、マネーグラム&エンレミット(もしくはSBIレミット)の利用で銀行振込が可能

という結果になりました。

海外生活では色々と大変なことの連続ですが、こちらの記事が参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク